【遂に判明】シャンクスがトキトキの実の能力者ということが明らかに!!すでに技を発動していた….

シャンクスはトキトキの実の能力者説と、頂上戦争を止めに来た真の理由について!

四皇の一角を担う大海賊であるシャンクス。

彼がトキトキの実の能力者ではないか?といい噂が流れ始めたのは頂上戦争の時です。

以下のカットを確認してみてください。

シャンクス登場
ワンピース59巻より引用 シャンクス登場時の周囲のリアクション

周囲の海兵が、「四皇カイドウとの小競り合いはつい先日の事…その当人がもうここに…?」と疑問の声を上げています。

カイドウと戦っていたはずのシャンクスが、なぜ頂上戦争に来ているんだ?といった感じですね。

で、さらに付け加えるならば、この発言は“赤髪はここに来れないはずの場所にいたはずなのに!!!”という考えから生まれるものだと思うのです。

でなければ、このような発言は出てこないと思うんですよね。

PICK UP!:カイドウとの小競り合いがあった

この場面でもう一つ大事なのは、カイドウとシャンクスの小競り合いがあった、ということ。

新世界でカイドウとドンパチやっていたわけです。

シャンクスとカイドウの仲が良いのか悪いのかはわかりませんが、これも頂上戦争と無関係とはいえないかもしれません。

マリンフォードへ向かおうとしたシャンクスを、カイドウが妨害しにいった…という可能性が最も高いと思います。

それは以下の発言からも予想できますね。

最高の戦争
ワンピース795話より引用 カイドウの真の目的は世界最高の戦争を起こすこと

頂上戦争が起こることによって、カイドウの望む最高の戦争が起こる…と、カイドウは判断したのではないでしょうか。

だとすると、カイドウがシャンクスを妨害しようとした…というのも理解できます。

そして、シャンクスはそれを振りきってマリンフォードに駆けつけた…。

そう考えればシャンクスとカイドウの関係もある程度納得できますね。

ではなぜ、シャンクスはマリンフォードに向かったのでしょうか。

白ひげを助けるため?エースを助けるため?

それともルフィを助けるためでしょうか。

どれも少し違うと思うんです。

次のページへ続きます