【キチガイ事件】子供を轢き殺した会社員K(47才)が示談交渉で遺族を暴行。実名報道されなかった犯人の正体が明らかに・・・!

■死亡事故を起こした男性。示談の場で遺族を暴行

去年2月、滋賀県米原市高溝の交差点にて、

車を運転していた男性が横断歩道を渡っていた

当時16歳の男性をはねた。

被害者は、およそ3か月後に死亡。

その後、男性は過失運転致死の罪で起訴され、

今年2月に禁錮3年、執行猶予3年の有罪判決が下された。

5月に行われた示談の場で遺族が男性に謝罪を求めたところ、

十分に応じないまま帰ろうとしてたとして口論となった。

その際、被害者の弟は男性に体当たりをされ、

肩や腕におよそ3週間の怪我を負い、

遺族から被害届を受けた滋賀県警は男性を

傷害の疑いで書類送検したとのこと。

一度として遺族に謝罪しないどころか

遺族に怪我まで負わせる卑劣な行為に、

ネット民は

「遺族に救いがなさすぎる」

「3週間ケガ負わせるってどんなことしたんだよ」と、

男性を批判する声が上がっている。

そのほかにも

・被害者の実名出て犯人の名前出さないとかおかしくね?

・なぜこんな悪質な事件がこんな軽い罪で実名報道されないのか?

・そもそも執行猶予3年がふざけてる

・名前も出ない上にこれ判決めっちゃ甘くない? さらに遺族に怪我までさせてこの扱い?

次のページへ