【カフェイン致死量】飲みすぎ注意。レッドブルを◯本ガブ飲みした男、心臓破裂・・・(※閲覧注意)

怖すぎる事件が

エナジードリンクの中でも特に人気を誇る

「レッドブル(RedBull)」。

「翼をさずける」でおなじみですね。

若者を中心に、美味しくて元気が出るドリンクとして大人気です。

レッドブルを飲みすぎるとどんな症状が出るのか?

致死量を超える量のレッドブルを飲んで死亡した例もあるんです。

やはりこのエナジードリンクを大量摂取すると、

体の中でとんでもないことが起きるようですね・・・

かつて心臓発作などで倒れたというニュースが

ありましたが、おそらく今回はレッドブル史上最も

危険度の高いニュースになっておりますので

注意して読んでくださいね。

レッドブル24缶

dwqw

掲載元のニュースに寄ると、今回38歳のヒスパニック系の男性「ホセ」さんがレッドブル24缶を飲んだそうだ、すると心臓発作で倒れ病院に運ばれた。

ホセさんが飲んだのは24オンス缶(710ml)レッドブルをなんと24本も飲んだようだ。海外のレッドブルは、1本約コーラ7本分に相当する240mgとなるため、相当なカフェインを摂取したことになる。

飲みすぎると危険①アルギニン

アルギニンは、もともと人間のからだの中で生成しているアミノ酸です。

過剰に摂取しない限り、人体への影響や副作用はほとんどありません。

ただし過剰に摂取してしまうと、胃腸に影響がでることも。

肝臓や腎臓の機能が低下している人が摂取しすぎると、命に関わることもあるようです。

摂取目標量は?

1日2~4g程度が平均です。

上限は?

治療目的でアルギニンを摂取する場合、15~20gが上限であると言われています。

飲みすぎると危険②カフェイン